小さくて奥ゆかしい日本語ヘルパー
Mały, skromny japoński pomocnik

Szczegóły słowa 両にらみ | りょうにらみ

Informacje podstawowe

Kanji

りょう

Znaczenie znaków kanji

obaj, oboje, stara japońska moneta, dawna jednostka monetarna, klasyfikator na wagony (np. pociągowe), dwaj, dwie

Pokaż szczegóły znaku

Czytanie

りょうにらみ

ryou nirami


Znaczenie

pilnowanie obu stron

mieć na oku dwie rzeczy w tym samym czasie


Części mowy

rzeczownik


Dodatkowe atrybuty

suru czasownik

alternatywa

両睨み, りょうにらみ, ryou nirami

Formy gramatyczne

Forma formalna

Twierdzenie, czas teraźniejszy

両にらみです

りょうにらみです

ryou nirami desu

Przeczenie, czas teraźniejszy

両にらみでわありません

りょうにらみでわありません

ryou nirami dewa arimasen

両にらみじゃありません

りょうにらみじゃありません

ryou nirami ja arimasen

Twierdzenie, czas przeszły

両にらみでした

りょうにらみでした

ryou nirami deshita

Przeczenie, czas przeszły

両にらみでわありませんでした

りょうにらみでわありませんでした

ryou nirami dewa arimasen deshita

両にらみじゃありませんでした

りょうにらみじゃありませんでした

ryou nirami ja arimasen deshita


Forma nieformalna (prosta)

Twierdzenie, czas teraźniejszy

両にらみだ

りょうにらみだ

ryou nirami da

Przeczenie, czas teraźniejszy

両にらみじゃない

りょうにらみじゃない

ryou nirami ja nai

Twierdzenie, czas przeszły

両にらみだった

りょうにらみだった

ryou nirami datta

Przeczenie, czas przeszły

両にらみじゃなかった

りょうにらみじゃなかった

ryou nirami ja nakatta


Forma te

両にらみで

りょうにらみで

ryou nirami de


Keigo

Forma modestywna (skromna)

両にらみでございます

りょうにらみでございます

ryou nirami de gozaimasu

両にらみでござる

りょうにらみでござる

ryou nirami de gozaru

Przykłady gramatyczne

Chcieć (I i II osoba)

両にらみがほしい

りょうにらみがほしい

ryou nirami ga hoshii


Chcieć (III osoba)

両にらみをほしがっている

りょうにらみをほしがっている

ryou nirami o hoshigatte iru


Dać (mnie)

[dający] [は/が] 両にらみをくれる

[dający] [は/が] りょうにらみをくれる

[dający] [wa/ga] ryou nirami o kureru


Dać (od siebie, ktoś komuś)

私 [は/が] [odbiorca] に両にらみをあげる

わたし [は/が] [odbiorca] にりょうにらみをあげる

watashi [wa/ga] [odbiorca] ni ryou nirami o ageru


Decydować się na

両にらみにする

りょうにらみにする

ryou nirami ni suru


Forma tte

Zastępuje そうです oraz と言っていました

両にらみだって

りょうにらみだって

ryou nirami datte

両にらみだったって

りょうにらみだったって

ryou nirami dattatte


Forma wyjaśniająca

両にらみなんです

りょうにらみなんです

ryou nirami nan desu


Jeśli (tryb warunkowy), to ...

両にらみだったら、...

りょうにらみだったら、...

ryou nirami dattara, ...

両にらみじゃなかったら、...

りょうにらみじゃなかったら、...

ryou nirami ja nakattara, ...


Kiedy ..., to ...

両にらみの時、...

りょうにらみのとき、...

ryou nirami no toki, ...

両にらみだった時、...

りょうにらみだったとき、...

ryou nirami datta toki, ...


Kiedy A staje się, wtedy również B staje się

Mówi o rzeczach oczywistych, z której druga wynika z pierwszej

両にらみになると, ...

りょうにらみになると, ...

ryou nirami ni naru to, ...


Lubić

両にらみが好き

りょうにらみがすき

ryou nirami ga suki


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o innych)

両にらみだといいですね

りょうにらみだといいですね

ryou nirami da to ii desu ne

両にらみじゃないといいですね

りょうにらみじゃないといいですね

ryou nirami ja nai to ii desu ne


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o sobie)

両にらみだといいんですが

りょうにらみだといいんですが

ryou nirami da to ii n desu ga

両にらみだといいんですけど

りょうにらみだといいんですけど

ryou nirami da to ii n desu kedo

両にらみじゃないといいんですが

りょうにらみじゃないといいんですが

ryou nirami ja nai to ii n desu ga

両にらみじゃないといいんですけど

りょうにらみじゃないといいんですけど

ryou nirami ja nai to ii n desu kedo


Mimo że jest ..., to ...

両にらみなのに, ...

りょうにらみなのに, ...

ryou nirami na noni, ...

両にらみだったのに, ...

りょうにらみだったのに, ...

ryou nirami datta noni, ...


Nawet, jeśli

両にらみでも

りょうにらみでも

ryou nirami de mo

両にらみじゃなくても

りょうにらみじゃなくても

ryou nirami ja nakute mo


Nazywanie przedmiotu

[nazwa] という両にらみ

[nazwa] というりょうにらみ

[nazwa] to iu ryou nirami


Nie lubić

両にらみがきらい

りょうにらみがきらい

ryou nirami ga kirai


Otrzymać

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] 両にらみを貰う

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] りょうにらみをもらう

[odbiorca] [wa/ga] [dający] [ni/kara] ryou nirami o morau


Podczas

両にらみの間に, ...

りょうにらみのあいだに, ...

ryou nirami no aida ni, ...

Czynność wykonywana przez dłuższy okres czasu

両にらみの間, ...

りょうにらみのあいだ, ...

ryou nirami no aida, ...


Podobny do ..., jak ...

両にらみのような [inny rzeczownik]

りょうにらみのような [inny rzeczownik]

ryou nirami no you na [inny rzeczownik]

両にらみのように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

りょうにらみのように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

ryou nirami no you ni [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]


Powinnien być / Miał być

両にらみのはずです

りょうにらみなのはずです

ryou nirami no hazu desu

両にらみのはずでした

りょうにらみのはずでした

ryou nirami no hazu deshita


Prawdopodobnie, ok. 30%

両にらみかもしれません

りょうにらみかもしれません

ryou nirami kamoshi remasen


Prawdopodobnie, ok. 60%

両にらみでしょう

りょうにらみでしょう

ryou nirami deshou


Pytania w zdaniach

両にらみ か (どうか) 知っています, 覚えていません, わかりません, etc

りょうにらみ か (どうか) しっています, おぼえていません, わかりません, etc

ryou nirami ka (douka) shitte imasu, oboete imasen, wakarimasen, etc


Słyszałem, że ...

両にらみだそうです

りょうにらみだそうです

ryou nirami da sou desu

両にらみだったそうです

りょうにらみだったそうです

ryou nirami datta sou desu


Stawać się

両にらみになる

りょうにらみになる

ryou nirami ni naru


Tworzenie czynności

両にらみする

りょうにらみする

ryou nirami suru


Wygląda, jak

Bardziej używane z analizy sytuacji

両にらみみたいです

りょうにらみみたいです

ryou nirami mitai desu

Zachowuje się, jak na-przymiotnik

両にらみみたいな

りょうにらみみたいな

ryou nirami mitai na

両にらみみたいに [przymiotnik, czasownik]

りょうにらみみたいに [przymiotnik, czasownik]

ryou nirami mitai ni [przymiotnik, czasownik]