小さくて奥ゆかしい日本語ヘルパー
Mały, skromny japoński pomocnik

Szczegóły słowa インド孔雀 | インドくじゃく

Informacje podstawowe

Kanji

じゃく

Znaczenie znaków kanji

dziura, otwór, jama, szpara, szczelina, bardzo, wielki, ogromny, niezmiernie, nadzwyczaj

Pokaż szczegóły znaku

wróbel

Pokaż szczegóły znaku

Czytanie

インドくじゃく

indo kujaku


Znaczenie

paw indyjski

paw niebieski

paw zwyczajny


Informacje dodatkowe

gatunek dużego ptaka grzebiącego z rodziny kurowatych, Pavo cristatus


Części mowy

rzeczownik


Dodatkowe atrybuty

zwykle pisany przy użyciu kana

alternatywa

インドクジャク, indo kujaku

Formy gramatyczne

Forma formalna

Twierdzenie, czas teraźniejszy

インド孔雀です

インドくじゃくです

indo kujaku desu

Przeczenie, czas teraźniejszy

インド孔雀でわありません

インドくじゃくでわありません

indo kujaku dewa arimasen

インド孔雀じゃありません

インドくじゃくじゃありません

indo kujaku ja arimasen

Twierdzenie, czas przeszły

インド孔雀でした

インドくじゃくでした

indo kujaku deshita

Przeczenie, czas przeszły

インド孔雀でわありませんでした

インドくじゃくでわありませんでした

indo kujaku dewa arimasen deshita

インド孔雀じゃありませんでした

インドくじゃくじゃありませんでした

indo kujaku ja arimasen deshita


Forma nieformalna (prosta)

Twierdzenie, czas teraźniejszy

インド孔雀だ

インドくじゃくだ

indo kujaku da

Przeczenie, czas teraźniejszy

インド孔雀じゃない

インドくじゃくじゃない

indo kujaku ja nai

Twierdzenie, czas przeszły

インド孔雀だった

インドくじゃくだった

indo kujaku datta

Przeczenie, czas przeszły

インド孔雀じゃなかった

インドくじゃくじゃなかった

indo kujaku ja nakatta


Forma te

インド孔雀で

インドくじゃくで

indo kujaku de


Keigo

Forma modestywna (skromna)

インド孔雀でございます

インドくじゃくでございます

indo kujaku de gozaimasu

インド孔雀でござる

インドくじゃくでござる

indo kujaku de gozaru

Przykłady gramatyczne

Chcieć (I i II osoba)

インド孔雀がほしい

インドくじゃくがほしい

indo kujaku ga hoshii


Chcieć (III osoba)

インド孔雀をほしがっている

インドくじゃくをほしがっている

indo kujaku o hoshigatte iru


Dać (mnie)

[dający] [は/が] インド孔雀をくれる

[dający] [は/が] インドくじゃくをくれる

[dający] [wa/ga] indo kujaku o kureru


Dać (od siebie, ktoś komuś)

私 [は/が] [odbiorca] にインド孔雀をあげる

わたし [は/が] [odbiorca] にインドくじゃくをあげる

watashi [wa/ga] [odbiorca] ni indo kujaku o ageru


Decydować się na

インド孔雀にする

インドくじゃくにする

indo kujaku ni suru


Forma tte

Zastępuje そうです oraz と言っていました

インド孔雀だって

インドくじゃくだって

indo kujaku datte

インド孔雀だったって

インドくじゃくだったって

indo kujaku dattatte


Forma wyjaśniająca

インド孔雀なんです

インドくじゃくなんです

indo kujaku nan desu


Jeśli (tryb warunkowy), to ...

インド孔雀だったら、...

インドくじゃくだったら、...

indo kujaku dattara, ...

インド孔雀じゃなかったら、...

インドくじゃくじゃなかったら、...

indo kujaku ja nakattara, ...


Kiedy ..., to ...

インド孔雀の時、...

インドくじゃくのとき、...

indo kujaku no toki, ...

インド孔雀だった時、...

インドくじゃくだったとき、...

indo kujaku datta toki, ...


Kiedy A staje się, wtedy również B staje się

Mówi o rzeczach oczywistych, z której druga wynika z pierwszej

インド孔雀になると, ...

インドくじゃくになると, ...

indo kujaku ni naru to, ...


Lubić

インド孔雀が好き

インドくじゃくがすき

indo kujaku ga suki


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o innych)

インド孔雀だといいですね

インドくじゃくだといいですね

indo kujaku da to ii desu ne

インド孔雀じゃないといいですね

インドくじゃくじゃないといいですね

indo kujaku ja nai to ii desu ne


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o sobie)

インド孔雀だといいんですが

インドくじゃくだといいんですが

indo kujaku da to ii n desu ga

インド孔雀だといいんですけど

インドくじゃくだといいんですけど

indo kujaku da to ii n desu kedo

インド孔雀じゃないといいんですが

インドくじゃくじゃないといいんですが

indo kujaku ja nai to ii n desu ga

インド孔雀じゃないといいんですけど

インドくじゃくじゃないといいんですけど

indo kujaku ja nai to ii n desu kedo


Mimo że jest ..., to ...

インド孔雀なのに, ...

インドくじゃくなのに, ...

indo kujaku na noni, ...

インド孔雀だったのに, ...

インドくじゃくだったのに, ...

indo kujaku datta noni, ...


Nawet, jeśli

インド孔雀でも

インドくじゃくでも

indo kujaku de mo

インド孔雀じゃなくても

インドくじゃくじゃなくても

indo kujaku ja nakute mo


Nazywanie przedmiotu

[nazwa] というインド孔雀

[nazwa] というインドくじゃく

[nazwa] to iu indo kujaku


Nie lubić

インド孔雀がきらい

インドくじゃくがきらい

indo kujaku ga kirai


Otrzymać

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] インド孔雀を貰う

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] インドくじゃくをもらう

[odbiorca] [wa/ga] [dający] [ni/kara] indo kujaku o morau


Podobny do ..., jak ...

インド孔雀のような [inny rzeczownik]

インドくじゃくのような [inny rzeczownik]

indo kujaku no you na [inny rzeczownik]

インド孔雀のように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

インドくじゃくのように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

indo kujaku no you ni [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]


Powinnien być / Miał być

インド孔雀のはずです

インドくじゃくなのはずです

indo kujaku no hazu desu

インド孔雀のはずでした

インドくじゃくのはずでした

indo kujaku no hazu deshita


Prawdopodobnie, ok. 30%

インド孔雀かもしれません

インドくじゃくかもしれません

indo kujaku kamoshi remasen


Prawdopodobnie, ok. 60%

インド孔雀でしょう

インドくじゃくでしょう

indo kujaku deshou


Pytania w zdaniach

インド孔雀 か (どうか) 知っています, 覚えていません, わかりません, etc

インドくじゃく か (どうか) しっています, おぼえていません, わかりません, etc

indo kujaku ka (douka) shitte imasu, oboete imasen, wakarimasen, etc


Rozkaz (bądź)

インド孔雀であれ

インドくじゃくであれ

indo kujaku de are


Słyszałem, że ...

インド孔雀だそうです

インドくじゃくだそうです

indo kujaku da sou desu

インド孔雀だったそうです

インドくじゃくだったそうです

indo kujaku datta sou desu


Stawać się

インド孔雀になる

インドくじゃくになる

indo kujaku ni naru


Wygląda, jak

Bardziej używane z analizy sytuacji

インド孔雀みたいです

インドくじゃくみたいです

indo kujaku mitai desu

Zachowuje się, jak na-przymiotnik

インド孔雀みたいな

インドくじゃくみたいな

indo kujaku mitai na

インド孔雀みたいに [przymiotnik, czasownik]

インドくじゃくみたいに [przymiotnik, czasownik]

indo kujaku mitai ni [przymiotnik, czasownik]


Zakaz (nie bądź)

インド孔雀であるな

インドくじゃくであるな

indo kujaku de aru na