小さくて奥ゆかしい日本語ヘルパー
Mały, skromny japoński pomocnik

Szczegóły słowa しょうちゅう漬け | しょうちゅうづけ

Informacje podstawowe

Kanji


Znaczenie znaków kanji

maczać, nasycać, solić, zaprawiać, marynować, namoknąć, zamoczyć się, nasiąkać

Pokaż szczegóły znaku

Czytanie

しょうちゅうづけ

shouchuuduke


Znaczenie

owoc obecny w shochu (rodzaj alkoholu)


Części mowy

rzeczownik


Dodatkowe atrybuty

alternatywa

焼酎漬け, しょうちゅうづけ, shouchuuduke

Formy gramatyczne

Forma formalna

Twierdzenie, czas teraźniejszy

しょうちゅう漬けです

しょうちゅうづけです

shouchuuduke desu

Przeczenie, czas teraźniejszy

しょうちゅう漬けでわありません

しょうちゅうづけでわありません

shouchuuduke dewa arimasen

しょうちゅう漬けじゃありません

しょうちゅうづけじゃありません

shouchuuduke ja arimasen

Twierdzenie, czas przeszły

しょうちゅう漬けでした

しょうちゅうづけでした

shouchuuduke deshita

Przeczenie, czas przeszły

しょうちゅう漬けでわありませんでした

しょうちゅうづけでわありませんでした

shouchuuduke dewa arimasen deshita

しょうちゅう漬けじゃありませんでした

しょうちゅうづけじゃありませんでした

shouchuuduke ja arimasen deshita


Forma nieformalna (prosta)

Twierdzenie, czas teraźniejszy

しょうちゅう漬けだ

しょうちゅうづけだ

shouchuuduke da

Przeczenie, czas teraźniejszy

しょうちゅう漬けじゃない

しょうちゅうづけじゃない

shouchuuduke ja nai

Twierdzenie, czas przeszły

しょうちゅう漬けだった

しょうちゅうづけだった

shouchuuduke datta

Przeczenie, czas przeszły

しょうちゅう漬けじゃなかった

しょうちゅうづけじゃなかった

shouchuuduke ja nakatta


Forma te

しょうちゅう漬けで

しょうちゅうづけで

shouchuuduke de


Keigo

Forma modestywna (skromna)

しょうちゅう漬けでございます

しょうちゅうづけでございます

shouchuuduke de gozaimasu

しょうちゅう漬けでござる

しょうちゅうづけでござる

shouchuuduke de gozaru

Przykłady gramatyczne

Chcieć (I i II osoba)

しょうちゅう漬けがほしい

しょうちゅうづけがほしい

shouchuuduke ga hoshii


Chcieć (III osoba)

しょうちゅう漬けをほしがっている

しょうちゅうづけをほしがっている

shouchuuduke o hoshigatte iru


Dać (mnie)

[dający] [は/が] しょうちゅう漬けをくれる

[dający] [は/が] しょうちゅうづけをくれる

[dający] [wa/ga] shouchuuduke o kureru


Dać (od siebie, ktoś komuś)

私 [は/が] [odbiorca] にしょうちゅう漬けをあげる

わたし [は/が] [odbiorca] にしょうちゅうづけをあげる

watashi [wa/ga] [odbiorca] ni shouchuuduke o ageru


Decydować się na

しょうちゅう漬けにする

しょうちゅうづけにする

shouchuuduke ni suru


Forma tte

Zastępuje そうです oraz と言っていました

しょうちゅう漬けだって

しょうちゅうづけだって

shouchuuduke datte

しょうちゅう漬けだったって

しょうちゅうづけだったって

shouchuuduke dattatte


Forma wyjaśniająca

しょうちゅう漬けなんです

しょうちゅうづけなんです

shouchuuduke nan desu


Jeśli (tryb warunkowy), to ...

しょうちゅう漬けだったら、...

しょうちゅうづけだったら、...

shouchuuduke dattara, ...

しょうちゅう漬けじゃなかったら、...

しょうちゅうづけじゃなかったら、...

shouchuuduke ja nakattara, ...


Kiedy ..., to ...

しょうちゅう漬けの時、...

しょうちゅうづけのとき、...

shouchuuduke no toki, ...

しょうちゅう漬けだった時、...

しょうちゅうづけだったとき、...

shouchuuduke datta toki, ...


Kiedy A staje się, wtedy również B staje się

Mówi o rzeczach oczywistych, z której druga wynika z pierwszej

しょうちゅう漬けになると, ...

しょうちゅうづけになると, ...

shouchuuduke ni naru to, ...


Lubić

しょうちゅう漬けが好き

しょうちゅうづけがすき

shouchuuduke ga suki


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o innych)

しょうちゅう漬けだといいですね

しょうちゅうづけだといいですね

shouchuuduke da to ii desu ne

しょうちゅう漬けじゃないといいですね

しょうちゅうづけじゃないといいですね

shouchuuduke ja nai to ii desu ne


Mieć nadzieję, że ... (mówienie o sobie)

しょうちゅう漬けだといいんですが

しょうちゅうづけだといいんですが

shouchuuduke da to ii n desu ga

しょうちゅう漬けだといいんですけど

しょうちゅうづけだといいんですけど

shouchuuduke da to ii n desu kedo

しょうちゅう漬けじゃないといいんですが

しょうちゅうづけじゃないといいんですが

shouchuuduke ja nai to ii n desu ga

しょうちゅう漬けじゃないといいんですけど

しょうちゅうづけじゃないといいんですけど

shouchuuduke ja nai to ii n desu kedo


Mimo że jest ..., to ...

しょうちゅう漬けなのに, ...

しょうちゅうづけなのに, ...

shouchuuduke na noni, ...

しょうちゅう漬けだったのに, ...

しょうちゅうづけだったのに, ...

shouchuuduke datta noni, ...


Nawet, jeśli

しょうちゅう漬けでも

しょうちゅうづけでも

shouchuuduke de mo

しょうちゅう漬けじゃなくても

しょうちゅうづけじゃなくても

shouchuuduke ja nakute mo


Nazywanie przedmiotu

[nazwa] というしょうちゅう漬け

[nazwa] というしょうちゅうづけ

[nazwa] to iu shouchuuduke


Nie lubić

しょうちゅう漬けがきらい

しょうちゅうづけがきらい

shouchuuduke ga kirai


Otrzymać

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] しょうちゅう漬けを貰う

[odbiorca] [は/が] [dający] [に/から] しょうちゅうづけをもらう

[odbiorca] [wa/ga] [dający] [ni/kara] shouchuuduke o morau


Podobny do ..., jak ...

しょうちゅう漬けのような [inny rzeczownik]

しょうちゅうづけのような [inny rzeczownik]

shouchuuduke no you na [inny rzeczownik]

しょうちゅう漬けのように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

しょうちゅうづけのように [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]

shouchuuduke no you ni [i-przymiotnik lub na-przymiotnik]


Powinnien być / Miał być

しょうちゅう漬けのはずです

しょうちゅうづけなのはずです

shouchuuduke no hazu desu

しょうちゅう漬けのはずでした

しょうちゅうづけのはずでした

shouchuuduke no hazu deshita


Prawdopodobnie, ok. 30%

しょうちゅう漬けかもしれません

しょうちゅうづけかもしれません

shouchuuduke kamoshi remasen


Prawdopodobnie, ok. 60%

しょうちゅう漬けでしょう

しょうちゅうづけでしょう

shouchuuduke deshou


Pytania w zdaniach

しょうちゅう漬け か (どうか) 知っています, 覚えていません, わかりません, etc

しょうちゅうづけ か (どうか) しっています, おぼえていません, わかりません, etc

shouchuuduke ka (douka) shitte imasu, oboete imasen, wakarimasen, etc


Słyszałem, że ...

しょうちゅう漬けだそうです

しょうちゅうづけだそうです

shouchuuduke da sou desu

しょうちゅう漬けだったそうです

しょうちゅうづけだったそうです

shouchuuduke datta sou desu


Stawać się

しょうちゅう漬けになる

しょうちゅうづけになる

shouchuuduke ni naru


Wygląda, jak

Bardziej używane z analizy sytuacji

しょうちゅう漬けみたいです

しょうちゅうづけみたいです

shouchuuduke mitai desu

Zachowuje się, jak na-przymiotnik

しょうちゅう漬けみたいな

しょうちゅうづけみたいな

shouchuuduke mitai na

しょうちゅう漬けみたいに [przymiotnik, czasownik]

しょうちゅうづけみたいに [przymiotnik, czasownik]

shouchuuduke mitai ni [przymiotnik, czasownik]